ナイトブラ

ナイトブラの代用品はある?昼用ブラが代わりはだめ!?

ブラトップを着けた女性

 

ナイトブラを付ける女性も多いですが
ノーブラで寝る女性も増加中。

ナイトブラはバストを規正してくれるだけではなく
育乳効果にも期待できるナイトブラも発売されるようになってきました。

しかし、正しい使用方法やメリット・デメリットを知っておかないと
効果を実感することが難しくなる可能性があります。

できるならば正しい付け方やメリットを知っておきたいもの。

今回Herselfでは、ナイトブラの代用品として昼用ブラを代わりにするメリットをみていきます。

最後まで読んでいただき、ナイトブラの代用品について真剣に見つめ直してみませんか?

 

ナイトブラはそもそもなんのために使う?

ブラジャーをつけた女性

 

必要性について考えてみましょう。

詳しく解説していきます!

 

昼用のナイトブラで代用できるの?

 

就寝時は寝がえりを打ったりすることでバストは様々な方向に動きます。

昼用のブラジャーでは動きによるバストの変形を食い止めることは不可能です。

どうしてもバストを大事に考えてあげるならば
夜用のブラジャーが必須になります。

昼用下着で補おうと思ってもそれは甘い考えになってしまうことに。

 

代用ブラのメリット、デメリット

ナイトブラ

 

ブラジャーを代用することはできないのか考えている人もいるはず。

そこでメリット・デメリットを徹底調査です!

 

①スポーツブラ

 

まずはスポブラのメリットとデメリットです。

スポーツをやっていた人にはお馴染みのブラジャーですね!

 

メリット

 

スポブラのメリットはワイヤーブラと比較したときに
感じる圧迫感が少ないことです。

圧迫感がないと動きやすくどんな体制にも柔軟にタイプすることが可能です。

ストレスを感じないのはいいですよね!

 

デメリット

 

スポブラは就寝時のバストの動きを予測することができていないという点です。

ナイトブラはしっかり計算されているので不安に思うことはありません。

でもスポブラはスポーツ目的なのでその計画は一切配慮されていません。

 

②カップ付きのインナー

 

次にカップ付きインナーのメリットとデメリットです。

 

メリット

 

カップ付きインナーのメリットは、着心地がいいということです。

軽めの素材で作られていて嫌な締め付けがないということです。

動きやすく軽い付け心地が魅力でしょう。

 

デメリット

 

デメリットは補正力がほとんどないということです。

バストを正しい位置にしようという設計目標ではないため
寝がえりのたびにバストが変形してしまう可能性があります。

 

③日中、昼用ワイヤーブラ

 

今使っているブラを使えれば楽ですが…。
大きなメリットとデメリットはここにも!

 

メリット

 

メリットは脇の下のお肉が流れてしまうのを防げるという素晴らしい点。

他にはないワイヤーの存在が
寝ている間でも脇の下のお肉を逃すことがありません。

ぜい肉をどうにかしたいという方には昼用ならラクかもしれませんね。

 

デメリット

 

ストラップやホックが刺激になるということが難点。

寝ている間に与えなくてもいい刺激がおこり肌に擦れてしまうことで
刺激になることがあります。

痛みを感じて目を覚ましてしまう人もいるかもしれません。

ブラジャーが睡眠障害を起こしている可能性も視差しなくてはいけません。

 

④日中、昼用ノンワイヤーブラ

 

日中、昼用ノンワイヤータイプのブラには良点はあるのでしょうか?

 

メリット

 

ワイヤーブラよりも付けやすいということが最高点。

ノンワイヤーは誰でも簡単に着用することができますし、
着心地もいいのが魅力です。

ワイヤーが刺激になることがないため、敏感肌の女性には
付けやすいブラジャーになるでしょう。

敏感肌の女性にはシルク素材のブラジャーがおすすめです。

 

デメリット

 

締め付けが強く、圧力がかかるというデメリットが。

ワイヤーが入っていないため、締め付け感は強めに作られています。

不要な圧力をかけることに繋がります。

 

⑤ブラトップ

 

オシャレに着こなしもできるブラトップ。
どんなメリットがあるのでしょうか?

 

メリット

 

ブラトップはプチプラ商品が多いということです。

ナイトブラは激安などといって安すぎるものもあります。

 

デメリット

 

バストの形がおかしくなりやすいのがマイナスポイント。

ラクなのはいいですがそれが裏目にでてしまうことになるのです。

形のおかしなバストになってしまうのはリスクが大きすぎます。

 

ブラジャーは正しい使い分けが大事!

ブラジャーを着けている女性

 

自由にブラを着用してしまうのではなく
うまくさばいていくのが最高バストをゲットする近道です。

 

①日中、昼用など普段使うブラの特徴

 

姿勢を正して美しく見せるものや
動きやすさを目的として作られていることが多いです。

日中は仕事や勉強をする人が多いですから
そのためのブラになっています。

 

②スポーツブラ

 

大きな特徴は名前の通り、運動を目的として作られています。

ヨガやランニング、ダンスやウォーキングなどの動きに
一緒についていけるような設計になっています。

日中、いくら運動でカラダを動かしてもいい仕組みです。

 

③寝る用のナイトブラ

 

いらない動きを抑制するという特徴があります。

不要な動きとは寝がえりやうつ伏せに体勢を変えることです。

おばあちゃんになったときにバストがだらだら垂れている人は
年齢とケアの方法が間違っていたということが考えられるでしょう。

 

特に代用に注意がいるナイトブラの特徴

ブラジャーを着けている女性

 

ここまで見てきたことからわかるのは
ナイトブラを注意深く選択しなければいけないということです。

 

①安さ、プチプラ重視のブラジャー

 

ユニクロやしまむらなどの安さやプチプラ重視のブラジャーは
生地などにこだわりがないということが言えます。

安いぶん、生地をケチっていることが多く、品質が良くても
長く使用することが不可能になってしまったり
すぐに生地がふにゃふにゃになってしまうことがあるので注意が必要です。

 

②付け心地だけを重視したブラジャー

 

付け心地だけを重視したブラジャーは、
付けているときは無重力でいい気持ちかもしれません。

しかし、バストは悲鳴を上げているはずです。

バストにかかる重力などを計算して作られていないことが多く、
付け心地はよくてもバストは自由自在に変形可能です。

正しい位置に導くことができずに
どんどん垂れ下がったバストに出来上がってしまいます。

 

結局ナイトにはナイトのブラがおすすめ?

ナイトブラとパソコン

 

就寝時のナイトブラがどれだけ大切なものなのか
わかっていただけたと思います。

バストがどんどん落ちていくのはバストケアをしないから。

これで巨乳になりたいなんて言っている人は絶対に無理だと思っていいでしょう。

いくらバストアップするツボを押しても
昼に正しい姿勢に導くブラジャーを付けても
寝ている間にバストを変形させてしまっては意味がありません…。

マシュマロみたいなムチムチおっぱいを作りたいのは女性はみんな同じですし
睡眠の質を上げるためにもナイトブラは欠かせません。

今日から寝るときはナイトブラを着用することを推奨したいです!

 

もしナイトブラがない時はノーブラが良い?

ブラジャーを着けた女性

 

ナイトブラが壊れちゃったとトラブルから
ナイトブラが手元になくなることも起きるかもしれません。

大事なときに必要なものがないのは困りますよね。

「今まで頑張ってきたのに~!」と悔しい気持ちになります。

しかし、そこでノーブラで寝てしまうと
せっかく今まで頑張ってきた成果が水の泡になります。

ノーブラだとバストが下に下にと下がっていきます。

またバストが小さくなるとも言われています。

寝がえりを打つたびにバストが動き、
バストに大きな影響をもたらすのです。

どうしても難しいときは昼用下着でもいいので
着用したほうがいいといえます。

 

Be Herself

ブラジャーを着けた女性

 

Herself(ハーセルフ)が紹介する代用品として昼用ブラを代わりにするナイトブラのメリットとデメリットまとめ。

  1. ナイトブラはバストの不要な異変を抑えてくれる効果がある!
  2. 代用ブラのメリットは着圧感が素晴らしいということがいえる!
  3. デメリットは締め付けがないぶん
    バストは自由自在に変形してしまうということ。
  4. ナイトブラがないときは付けないは努力の無駄に繋がるから要注意!

今回Herselfでは、ナイトブラの代用品として昼用ブラを代わりにするデメリットをご紹介させていただきました。

ブラを着用しない女性は嫌なキツさがあってブラジャーが嫌という原因で
なにも付けずに寝ることがあります。

その気持ちはよくわかりますし、
寝るときくらいバストは自由自在に遊ばせてあげたいものです(笑)

しかし、バストを解放するぶん、
バストは勝手に動き回るということを忘れてはいけません。

勝手に動きまわれば形は崩れていきます。

崩れるのが嫌な人は必ずナイトブラを付けてしっかり睡眠を取りましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!