あそこ

VIOは保湿が大切!保湿クリームであそこに潤いを。

保湿クリームを塗った女性

 

顔や体にクリームを塗って保湿するように、VIOライン、あそこにも保湿は必要不可欠。

とくに乾燥しやすい季節は、洗いっぱなしで放っておくと、
気づかないうちに肌荒れを進行させてしまうかも…!

肌が潤いキレイなビキニラインをができると、自信もつき、水着はもちろん、
彼とのイチャイチャタイムももっと楽しめるようになります。

そこで今回は、

  • あそこの乾燥対策
  • あそこの乾燥の原因や防ぎ方
  • あそこにおすすめのクリーム・商品

などをテーマにご紹介していきます。

どこから見ても360度キレイな自分になるために、ぜひ知っておいてくださいね!

 

VIOラインの保湿って意味があるの?

スキンケア

 

VIOラインの皮膚は瞼の皮膚よりも薄い、といわれています。

そのため非常に刺激に敏感で、乾燥や肌荒れを引き起こしやすい箇所です。

そんな弱い部分の肌ですので、保湿は絶対に必要!

保湿をおろそかにすると乾燥によるかゆみが発生します。

…経験ある方はわかるかもしれませんが、あそこの痒みは本当に辛いですよね。

塗る薬も弱いものしか使えず、痒くなっても大っぴらに掻くこともできません。

トイレでこっそりかけば、皮膚が薄いためすぐにかきこわして出血…。

さらに出血したところが痛痒く、血が出ていても掻き壊してしまう負の連鎖。

あそこの乾燥は、私生活に大きな影響を及ぼすのです。

 

VIOの乾燥は肌荒れの原因に?

 

VIOラインの乾燥は、かゆみ以外にも肌荒れを引き起こします。

例えば…

  • あそこの皮膚が像のように硬くなる
  • 油分調節がうまくいかず、オデキのようなできものができる
  • 黒ずみの促進

以上のようなことが、早い段階で起こると考えられます。

かゆみ、できもの、黒ずみ…おまけに硬い皮膚、とても彼には見せられない状態ですよね。

そんな事態を避けるために欠かせないのは乾燥対策と保湿!

あそこにそこまで気を配っている人は少ないと思いますが、
本当に弱い部分ですので、十分なケアが必要です。

 

日常生活でのVIOラインの乾燥の原因

シェーバー
あそこの乾燥の原因を知ることが、アソコをキレイに保つ第一歩。

意外なことが皮膚を傷めているのです。

 

化学繊維の下着

 

化学繊維の下着は安価で見た目もかわいいですが、吸水性や通気性に優れていません。

そのため、下着で蒸れて肌荒れを招いてしまうことも。

シルク、綿100%の下着がオススメです。

 

おりものシート

 

日頃からおりものシートを着用している女性は多いですが、
匂い付きだったり化学物質たっぷりのものを使っていませんか?

敏感な部分に直接触れるものですので、
なるべくオーガニック性のものをチョイスしましょう。

シート交換をこまめにするのも忘れずに!

 

トイレできちんと拭けていない

 

自分は大丈夫!と思うかもしれませんが、
女性の尿は思ったよりあちこちに飛んでいるもの。

尿道付近のみならず、ふとももやビキニラインも拭いておくと安心ですよ。

もちろんゴシゴシこすらず、そっと水分を吸うようにティッシュをあてて拭きましょう。

 

VIOラインを乾燥させないケア方法

保湿クリームを塗る女性

毎日の生活の中で乾燥対策をきちんと行い、さらに、美容ケアもプラスすれば完璧です!

あそこの乾燥を防ぐケア方法の基本を知っておきましょう。

 

弱酸性を保つ

 

あそこの肌は弱酸性です。

弱酸性の肌はバリアが張られていて、雑菌から守られている状態。

ところが、市販のボディーソープなどで洗ってしまうと、肌はアルカリ性へと変化します。

VIO専用の石鹸を使い、弱酸性をキープさせることが大切です。

 

清潔を保つ

 

おトイレなどでどうしても汚れてしまうアソコですが、なるべく常時キレイでいられるようにしましょう。

おりものシートのこまめな交換はもちろん、
あそこ専用ウェットシートなどで、1日に数回拭くようにします。

肌が弱い人は香料入りのものより無香料、オーガニック性のものがオススメです。

 

洗い過ぎない

 

汚れがちなアソコをボディタオルでついガシガシと洗っていませんか?

洗い過ぎは乾燥はもちろん、肌を硬くしてしまいます。

あそこ専用石鹸を十分にあわ立て、指で優しく撫でるだけでOKです。

恥垢が気になる場合は、一度ぬるま湯で指で軽く擦って落とした後に石鹸を使いましょう。

また、膣内を石鹸で洗うのは絶対タブー!

カンジタ症の原因となり、痒みがひどくなってしまいますので注意してください。

 

擦りすぎない

 

洗い方はもちろんですが、お手洗いで拭き過ぎてしまうのもNGです。

日常生活の乾燥原因のところでも述べましたが、
ポンポンとティッシュで水分を吸う程度にとどめておきましょう。

汚れが気になる場合はビデを使うのがオススメ。

ただし、ビデでついた水分はしっかりと拭き取るようにしてくださいね!

 

VIOラインの保湿は黒ずみ、臭い対策にも効果的!

スキンケア

 

乾燥は肌荒れの原因はもちろん、黒ずみやにおいの原因にもなります。

あそこの乾燥は、
アソコのトラブル全てを引き起こすといっても過言ではありません。

上記の乾燥対策はキレイなVIO作りの基礎ともいえます。

乾燥はしないけれど臭い・黒ずみが気になる、という人も、同じ対策をするようにしましょう。

 

VIO保湿におすすめクリーム・商品11選!

 

続いてご紹介するのは、VIOにおすすめの専用保湿剤・スクラブです。

顔や体に専用保湿剤があるように、
あそこ用の保湿対策にもクリーム・美容液・スクラブなど様々です。

定期的に使うことで、ターンオーバーを促し清潔で潤った肌を保てます!

 

アンティームローズローション

 

ローズの香りが癒される、ローションタイプの保湿剤です。

オーガニックですので、敏感肌でも安心ですね。

テクスチャはとろりとしていますがべたつかず、
塗った瞬間からすっと肌に染み込んでいくのがわかります。

原料には「バラの女王」とも言われているダマスクバラが使われており、
高い保湿力の他、鎮静作用、抗炎症作用が期待されます。

バラの香りは女性ホルモンのバランスを整える働きもあるので、毎日のケアも楽しく続けられそうですね。

テクスチャはとろりとしたジェルローションですので、保湿ケアだけでなく、
潤滑ローションとして性交痛の緩和にも使用できます。

 

アンティームホワイトクリーム

 

上のローズローションの姉妹品です。

黒ずみケアに特化していながらも、保湿力も高いアイテム。

こちらもオリーブオイルから抽出したオーガニック製品で、肌を柔らかくなめらかにしてくれます。

また、ホワイトクリームという名前の通り、黒ずみが気になる方におすすめのものです。

あそこ以外にもバストトップやワキの黒ずみ対策としても使えます。

 

LCジャムウ・デリケートエッセンス

 

LOVECOSME(ラブコスメ)

大人の女性のためのセクシャルケアのブランド
です。

あそこケア用品だけでなく、
ベッドタイムのラブグッズなど幅広く取り揃えています。

「ジャムウ」とは、インドネシア語で
「もてなす、植物から作られた」という意味があります。

その名の通り、「ジャムウ・デリケートエッセンス」には
ニュウコウジュ油やレモン果皮油、
ベルガモット果実油などの植物由来の成分が配合されています。

爽やかな香りが特徴で、においが不安という方にもおすすめです。

 

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム

 

黒ずみケアはもちろん、乾燥と外部刺激に強くなる肌を作るクリームです。

ヒアルロン酸、セラミド、コラーゲンなど保湿成分がたっぷり入っていて、
美白有効成分の水溶性プラセンタエキス、ビタミンC誘導体なども含有。

お値段はちょっぴり高めですが、その分効果は期待できそうです!

 

イビサクリーム

 

あそこ専用クリームとしておなじみのイビサ。

美白用クリームですが、黒ずみ原因となる乾燥にも効果的です。

VIOの脱毛処理後にも使えるので、持っていると何かと万能なアイテムですね!

 

続いてスクラブをご紹介します。

 

イロハ インティメートウォッシュ

 

弱酸性のスクラブソープです。

ツブツブが柔らかいのにしっかり汚れを落とし、肌に柔軟性を与えてくれます。

ジャスミンの優しい香りが、洗い終わりもほんのり続くのも嬉しいポイント!

 

クレム ドゥコールボディスクラブ

 

こちらは固めテクスチャーのジェルタイプ。

伸びは良いので、市販品のジェルタイプの中でも扱いやすいのが特徴的です。

ツブツブではなく泡立つタイプなので、
汚れが落ちている実感は少ないため人によっては物足りないかも?

洗い上がりのしっとりぷるぷる感がクセになるスクラブです。

 

ビオトゥルム フェミニンクリーム

 

オーガニック食品や化粧品ブランドとしてフェミニンシリーズ以外にもヘアケア商品なども出している会社の製品。

ビオトゥルムのフェミニンシリーズはpH値3-4のオーガニック乳清由来のホエイが配合されているのが特徴です。

あそこは乳酸菌の一種であるデーデルライン桿菌が粘膜を保護しており、
保護機能を維持するためにもpHの維持は欠かせないのです。

なので、普通のボディクリームではなく専用のケア用品を使う必要があるのですね。

 

ピンキッシュボーテ

 

こちらもSNSや雑誌で話題の商品です。

「美肌美人が選ぶ部分別美白ケア商品」など3部門で1位を獲得しています。

テクスチャはジェルに近いクリームタイプです。

バストケア商品として紹介されることも多いのですが、
美白成分がたっぷり配合されているので、
保湿だけではなくあそこの黒ずみ対策にもおすすめです。

肌馴染みが良いので、ベタベタ感が嫌いな方でも違和感なく使うことができます。

 

イエス(YES) インティメイト ウォーターローション WB

 

YESはイギリス発のオーガニック・VIOラインコスメブランドです。

粘膜にも使うことを踏まえて、天然成分由来のピュアな商品にこだわって作られています。

合成化学物質など粘膜の刺激となるものは一切使われておらず、
全て天然成分由来というこだわりも安心できるポイントですよね。

また、使用されている成分や効果はすべて明記されており、
敏感肌の方やオーガニック志向の方におすすめしたいブランドです。

YES製品の中で人気No.1の商品です。

ローションタイプなのですが、とろりとしたテクスチャでべたつきもありません。

イギリスでは薬局でも取り扱われているというのも信頼できますよね。

 

トレスマリア ミルク

 

ミルクですが、みずみずしいテクスチャが特徴です。

香りもハーブ系のさわやかな香りで、毎日のケアで気分も上げてくれます。

トレスマリアの特徴は、生理でpH値が乱れがちな
あそこに合わせた弱酸性の製品ということです。

また、パラベンや石油系界面活性剤が不使用なので粘膜にも安心して使うことができます。

 

VIO保湿の正しいやり方

スキンケア

 

保湿クリームを購入したら、正しく使わないと意味がありません。

あそこの保湿方法は顔やボディの保湿とはちょっと違うため、必ず覚えておきましょう。

 

①お風呂上がりにタオルで拭かない

 

意外や意外、あそこはお風呂上がりはタオルで拭く必要はありません。

体の水分をとったらアソコは濡れた状態のままにし、水滴を指で払う程度でOK!

しっかり拭けと言ったりしっかり拭くなと言ったり…混乱してしまいますよね。

基本アソコを拭くのはトイレにいる時のみ!と覚えておけば大丈夫です。

肌が乾いた状態のお風呂上がりは、シャワーの水分さえも保湿要素になります。

 

②濡れた状態でクリームを塗る

 

続いて、まだあそこが濡れているうちにクリームを塗りましょう。

水分と油分が混ざり合い乳化することで、肌にしっかりとバリアを張ることができます。

ちょっと伸ばしにくいかもしれませんが、
ざっくりと伸ばしたらあとは指の腹で叩くようにパッティングすればOKです。

 

③黒ずみがひどい場合は広く塗る

 

黒ずみが目立つ場合、クリームは黒ずみの範囲より広く伸ばすようにしましょう。

満遍なくいきわたらせ、クリームの美白効果をあますことなく発揮させます。

 

VIOラインの乾燥対策をした感想は?

保湿クリームを使う女性
の乾燥対策はとても大切だということが分かりますが、
実際効果はどのようなものなのでしょうか?

実際にあそこの感想対策をしている女性のみなさんにアンケートを取りました!

 

私はあそこの保湿ケアをまったくしたことがありませんでした。でも友達がやっていると聞いてやり始めたところ、かゆみがなくなりました。乾燥していたからかゆみがあったということに気がつけたので嬉しかったです!(30歳・女性・医療事務)
「アソコの黒ずみが気になる・・・」と彼氏から指摘され、あそこのケアをはじめました。病院で相談したところ、保湿がとても大事であるということを教えてもらい保湿ケアをはじめました。実際に保湿ケアをはじめてから黒ずみが気にならなくなりましたし、「なんか綺麗になった?」と彼氏からあそこのことを褒められ、美白効果もあったようです!(26歳・女性・OL)
保湿ケアをしてからあそこのカサカサがなくなりました!オイルタイプの保湿クリームをオイルマッサージするように塗るととても気持ちいいですし、効果もバッチリです!(33歳・女性・専業主婦)

女性のみなさん、ありがとうございました。

あそこの保湿ケアをしっかりすれば、
乾燥を防げるだけでなく、美白効果や黒ずみにも効果を発揮してくれるようですね。

ぜひ女性のみなさんにはあそこの保湿ケアを頑張ってもらいたいものです!

 

保湿と一緒にオイルマッサージで膣の萎縮も改善

香水
委縮して硬くなってしまった膣を直接マッサージすることで、
膣を柔らかくすることができます。

普段自分で膣の中に指を入れない、膣周りの状態をじっくり見たことがないという方も、
これを機に自分の膣がどのような状態なのかしっかり見てあげてください!

 

膣マッサージ

 

膣マッサージのやり方の順序についてお話しさせていただきます!
正しい膣マッサージで膣内を傷つけないようにしてくださいね。

 

①膣の外側から入口に向かってオイルを塗りこみます。

 

この時使用するオイルはあそこ専用のものを使用しましょう。

粘膜に直接触れるものなので、
通常のボディ用のオイルでは刺激が強いものがほとんどです。

 

②膣の中に指を第二関節くらいまで入れます。

 

指を入れる際は、指にしっかりとオイルを塗り第一関節から徐々に第二関節まで入れていきましょう。
指の本数もまずは入れやすい指を1本、慣れてきたら2本と調節していきます。

 

③膣壁の感触を確かめます。

 

膣の中で指を回して膣壁の感触や温かさを感じながらやさしくマッサージをしていきます。

このマッサージは1日に1回行うのが理想的ですが、
まだ膣の乾燥を感じていないという方は3日1回のペースでも大丈夫です。

マッサージの際は指を清潔に保ち、膣内に傷をつけないという面からも
爪は短くそろえた方が良いです。

ネイルをしているという方は、
なるべく爪が当たらないように指の腹でマッサージを行ってください。

 

Be Herself

保湿クリーム
Herself(ハーセルフ)がご紹介するVIO保湿まとめ。

  1. 普段何気なくしていることにも注意してみて。
  2. VIO、あそこの保湿は黒ずみ、臭い対策にも繋がる!
  3. 一緒に膣のケアもして、さらに女性らしいあそこへ。

 

キレイで潤ったアソコは、自分の自信へとつながります。

見えない部分で進行している乾燥を止め、
キレイなあそこ作りのためにも、乾燥は徹底的に!

保湿ケアを日常化し、どこから見てもキレイな自分になりましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!