あそこ

彼処(あそこ)の臭い・黒ずみ石鹸はこれ!石鹸で予防と改善へ。

ラベンダーに囲まれた女性

 

あなたは彼処(あそこ)専用の石鹸やソープがあることを知っていますか?

美容に関してどんどんと関心が高まっている世の中、
女子の「美」に対する向上心は非常に高いです。

そのため、「美」に対する悩みがつきないですよね。

そういった中で、もちろんアンダーゾーンも美へのアプローチの対象になります。

その中でも彼処(あそこ)の悩みでとても多いのが
「あそこの黒ずみ」と「独特な臭い」について。

自分でいつも確認はしないものの、
彼氏や旦那に「あそこ黒いよ」なんて言われた日には恥ずかしすぎて発狂します(笑)

私はまだ言われたことはありませんが、
黒ずみが気になって相手に言われる前にケアしています!

そしてあそこの臭いも同様に結構注意したりしています。

みなさんもそんなこと言われたくもないし、相手にそんなこと思われたくもないですよね。

そういった彼処(あそこ)の黒ずみや臭いの悩みを改善・解決してくれる救世主、
彼処(あそこ)専用石鹸やソープがあるのです!

今回Herselfでは、彼処(あそこ)専用石鹸や
ソープについてその効果と使用方法についてお話していきます。

 

 

専用ソープで黒ずみ、臭い対策!石鹸の違いは?

石鹸

 

そもそも彼処(あそこ)専用の石鹸やソープってどういったものかご存知ですか?

「いつも使っている石鹸とかじゃなにがダメなの?」と思いますよね。

では、通常の石鹸と彼処(あそこ)専用の石鹸やソープについて説明していきますね。

 

通常の石鹸やボディソープ

 

全部が全部とは言えませんが、
多くの石鹸やソープなどの洗浄剤には界面活性剤という成分が入っています。

界面活性剤というのは簡単な例えを言うと、
水と油など混じることのないものを混じることができるようにしてくれる物質の総称です。

通常の石鹸になぜその物質が含まれているかというと、
それは汚れを落としやすくするのに必要なものだからです。

汚れというのはタンパク質であったり、
油分が多いので界面活性剤の効果で水と混じらわせて洗い流しているということです。

いいとろこだらけに見えますが、
長所と短所は紙一重という言葉があるように欠点もあります。

それは、油分はある程度肌にとって必要なもので肌を育てるのですが、
それすらも綺麗に落としてしまうのです。

なので、肌を育てることを妨げる因子にもなるのです。

また通常の石鹸は、弱アルカリ性の成分です。

しかし、お肌は弱酸性ですよね?

pHが真逆になるので、お肌には刺激となります。

健康的な肌であったり、皮膚の分厚いところや固いところはなんら問題ないですが、
彼処(あそこ)などの粘膜は非常にお肌が敏感で繊細なところです。

そういった彼処(あそこ)に弱アルカリ性の石鹸やソープを使って洗うことは、
肌荒れを起こす要因になったりかゆみの原因になったりします。

 

彼処(あそこ)専用石鹸やソープ

 

彼処(あそこ)だけに特化した石鹸やソープですが、
そりゃあもう陰部だけのことを考えて作られています(笑)

女性の陰部は、常に汗やおりもなどの分泌物によって湿っています。

また、拭いてもおしっこなどの排泄物も付着します。

そういった不潔になりやすい部位で、なおかつ女性のあそこは敏感で繊細です。

しかも、セックスのときに男性に「あそこを見ないで!」というのは無理な話。

もっと言うと、あそこの臭いを感じないでいることはほぼ不可能に近いでしょう。

彼処(あそこ)専用石鹸やソープの成分や効果については商品によって異なりますが、
黒ずみや独特の臭いに特化しているものがほとんどです。

特徴とすれば、洗い流しすぎないちょうどよい洗浄成分や
ビタミンが配合されていたり、
保湿ケアもできるようなものが多い
です。

また無添加なものも多く、安心して使えるということを売りにしているものや

抗菌や除菌効果のあるものも非常に多いです。

なので、おすすめは彼処(あそこ)専用の石鹸やソープを使うことなのです。

 

彼処(あそこ)専用石鹸使ってみたらこんな変化、改善が!

石鹸

 

さきほど言ったように、彼処(あそこ)だけに特化した石鹸やソープなので
いつもの石鹸とは成分も大違いです。

私も前までは手や足を洗う石鹸で彼処(あそこ)を洗っていましたが、
やはり普段からかゆみがありました。

でも、あそこ専用のソープを使うようになってかゆみもなくなり、
旦那に「最近まったく臭いないね」とコメントまでいただきました(笑)

やっぱり専用の洗浄剤なので、今までとはおのずと結果も変わって当たり前ですよね!

では、彼処(あそこ)専用石鹸やソープを使った変化をご紹介します!

 

臭いが気にならなくなった!

 

あそこの臭いって本当に独特ですよね。

なんとも言えない蒸れたような、酸っぱいような臭い。

自分が気になるぐらいなのですから、相手の男性はもっとダイレクトに臭いを感じます。

それは生理的におりものや汗などが、
常在細菌によってタンパク質(汚れ)が分解され発生するのが臭い。

全く0にすることは不可能なものです。

しかし、彼処(あそこ)専用のソープを使い始めた途端、
自分で臭いが気にならなくなりました!

 

黒ずみがましになった!

 

女性の陰部は若い頃はキレイなピンク色なのですが、
年齢を重ね女性ホルモンの関係ともうひとつ摩擦によって黒ずみます。

しかし、その黒ずみが彼処(あそこ)専用ソープを使い始めて3ヶ月ぐらいでしょうか?

これもまた旦那が「最近ここ色が明るくなった」と(笑)

すべて旦那が検証してくれてるのですが、
やっぱり自分で確認してみてもなんだかトーンが明るくなったような感じがします。

 

ムズムズかゆみが収まった!

 

これはさすがに自分で実感しました(笑)!

あそこが蒸れたり、すれたりしてムズムズしていることが多かったですが、収まりました!

元々、かゆみというのは「小さな痛みの集まり」ということをご存知ですか?

細胞レベルで言うと、痛みを感じているときと同じ現象が体におきているのです。

なので肌荒れも軽度だとかゆく感じませんか?

なので、それが改善されたということは肌荒れが改善したと言えるのです。

 

セックスのときも安心して楽しめる!

 

コンプレックスというのは誰しも1つはあるものですが、
それがあることで彼とのスキンシップがおろそかになることは避けたいですよね。

セックスはスキンシップの中でも非常に相手との距離が近く、より親密になる行為です。

ですが、彼処(あそこ)を彼に見られたり、
臭いが気になって近くに寄られるのを拒んでしまっては良好な関係も築けません。

私はコンプレックスで陰部の臭いについて心配していて、
全然セックスを楽しめていませんでした。

しかし、自分で手入れやケアをして彼処(あそこ)専用のソープを使い始めて、
臭いの改善を実感しました。

だから今は彼とのセックスもすごく楽しめています。

コンプレックスにビクビクしてセックスを楽しめないなんてもったいない!

彼と仲を深めるためにも、お互いが楽しめるようなセックスライフを送りましょう。

 

口コミ人気!おすすめ彼処(あそこ)専用石鹸、ソープとは?

石鹸

 

では、みんなどんな石鹸やソープを使っているのでしょうか?

口コミで人気のものやおすすめをご紹介していきます!

 

LC(ラブコスメ)のジャムウ・ハーバルソープ

ジャムウ

女性の体の悩み解決商品を多く開発しているラブコスメから
彼処(あそこ)専用の石鹸「ジャムウ」!

インドネシアでハンドメイドされているもので、しかも日本人に合わせた品質で約14年、シリーズ累計305万個を突破。

人気の秘密は尽きないリピーターが多く、多くの愛用者がいます。

防腐剤や安定剤は不使用で、自然の素材を使っているので安心。

もちろん保湿、ビタミンなど配合されています。

彼処(あそこ)だけでなく、全身に使えるすぐれものです。

金額はお試しセットで1,933円(税別)!

こちらのジャムウハーバルソープはHerselfが一押しするアイテムなので、
メリットだけでなくデメリットもしっかり知っていただいた上で現段階で興味のある方には購入を検討していただきたいので、

Herselfがご紹介するジャムウの記事、またはラブコスメさんの公式ページから詳細を確認してみてください!

 

ニオイ・黒ずみに悩むあなたへ。

 

ヴィーナスラボのジャムウクリアナノソープ

 

12種類のジャムウ成分配合の石鹸になります。

彼処(あそこ)や脇、バストトップなどの臭いが気になる部位に
使用をおすすめしています!

もちろん黒ずみ、くすみ、肌のしまりにしっかりアプローチできるので
美を追求している石鹸です。

ジャムウ成分のほかには、ツバメの巣やプロテオグルカン、
コラーゲンなども配合されています。

特徴なのが、女性ホルモンを引き出す「オスモフェロン」が配合されているところ。

泡パックをして使用するものです。

金額は1,515円から購入できます。

 

スウィートボディのデリケートウォッシュ

 

彼処(あそこ)を泡でしっかりケアするタイプ。

マッサージをするように洗うもので、あそこの臭いやかゆみ、
生理中の不快感などをケアしてくれます。

もちろん黒ずみムレ、べたつきにもアプローチをかけています。

香りはピュアシャボンで、清潔感のある香りになっています。

140mlで972円で購入できるのでお財布にも優しい!

女子の味方です。

 

IBIZA(イビサ)のイビサソープ

 

色々なメディアにも取り上げられているイビサソープ。

抗菌・殺菌作用があるので独特のあの臭いを防いでくれる24時間キープのソープです。

泡で出てくるタイプで落としすぎないので優しく、あそこを綺麗にうるおいも保ちます。

もちろん美容成分6種類、5種類のビタミンも含まれてます。

なのでかゆみの原因である肌荒れも予防!スッキリした使い心地です。

しかも無添加で安心の医薬部外品として認められています!

140mlで約1か月使用できて、ソープのみで3,970円から購入できます。

 

アウトクリアのケアウォッシュムースタイプ

 

アウトクリアは女性の彼処(あそこ)についての悩みを、
外側からのケアできる日本で唯一の彼処(あそこ)ゾーンブランド!

泡よりも濃密なムースで洗浄ができるタイプです。

黒ずみ対策として、ビタミンC誘導体などの美容成分もきちっと配合されています。

彼処(あそこ)に最適なpH値に調節されているので肌荒れを起こしにくい。

ムースタイプになるので、よく振ってからボタンを下にして使用します。

金額は1,382円から購入することができます!

 

pH care(ピーエイチケア)のフェミニンウォッシュ

 

こちらは弱酸性の彼処(あそこ)専用ソープです。

なので肌への刺激が最小限に抑えられますし、肌のバリア機能を守ってくれるソープ。

彼処(あそこ)のムレ、臭いやかゆみ、乾燥などを予防してくれます。

天然パパイヤの優しい香りで気持ちをリラックスさせてくれます。

現在、欠品(売り切れ)になっていることも多い人気彼処(あそこ)専用ソープです。

価格は997円とすごくリーズナブル!お財布に優しいですね(笑)

 

黒ずみ・臭い対策専用石鹸の選び方

石鹸

黒ずみ対策用石鹸は多く販売されていますが、
美白効果をきちんと得るために正しい選び方を知るのが大切です。

石鹸同士の違いをよく比較し、自分に合っているかどうか調べてからチョイスしましょう。

 

泡切れの良いものを選ぼう

 

女性の下半身はとても神聖な場所。

うっかり流し残しがあったりすると、
石鹸成分が固まり、痒みや肌荒れを引き起こすことも…!

泡切れの良いタイプを選んで、洗い残しを防ぐようにします。

 

敏感肌の人は無香料タイプを!

 

彼処(あそこ)の石鹸は弱酸性でできていますが、
敏感肌の人はその中でも無香料タイプがオススメ。

香料に化学物質を使っている、とは言い切れませんが、
香料自体は美白にはなくても困らないものです。

不安要素は省くようにしましょう。

 

美白成分が多いものをチョイス

 

黒ずみ用の石鹸を買うときは、成分にも注意してください。

なるべく美白成分の多いものを選ぶと良いですよ。

  • ビタミンC誘導体
  • フラーレン
  • ハイドロキノン
  • プラセンタ

このへんが美白成分では有名どころですので、覚えておくと何かと便利です。

 

界面活性剤がないものを

 

先ほども説明しましたが、黒ずみ用石鹸には泡立ちを保つため、界面活性剤が含まれているものもあります。

界面活性剤は汚れや油分を落としすぎてしまうため、
彼処(あそこ)のトラブルの原因になる可能性も…!

  • オレイル硫酸TEA
  • カルニチン
  • ラウリル硫酸

このへんが入っていたら要注意!

石鹸は自然素材でも泡立てることができますので、
なるべく界面活性剤は入っていないものを選びましょう。

 

 

日常の改善で石鹸をより効果的に!

バスセット

 

あなたは普段の日常生活で彼処(あそこ)の黒ずみやかゆみ、
臭いにたいして気を付けていることはありますか?

彼処(あそこ)にいい石鹸やソープをどれだけ使っても、
逆効果な生活の仕方をしていてはもったいない!

より石鹸やソープの効果を実感できるためには、
日々気を付けておくべきポイントがあります。

ではそのポイントについてお話していきます。

 

ゆるい下着を身につける

 

あなたはきつい締め付けるような下着を着ていませんか?

可愛い下着やセクシーな下着は、
締め付けたり彼処(あそこ)に摩擦が起きるようなものが多いです。

でも、実はそれはあそこの黒ずみの原因になることをご存知でしょうか?

摩擦が起きることで、粘膜である陰部は傷つき色素沈着してしまいます。

なので、最近は可愛いものもあるのでゆるめの下着を身につけましょう。

 

普段使いと勝負下着を使い分ける

 

それでもやっぱり彼とのセックスのときには可愛い下着を身に着けたいですよね。

そういった場合、普段はあそこに優しいゆるめの下着を使って、

ここぞというときにだけお気に入りの下着をつけちゃいましょう!

めりはりが生活の質を上げるので使い分けも大切です。

 

おりものシートはこまめに変える

 

あなたはどれぐらいでおりものシートを付け替えますか?

私の知り合いなんかはおりものが多いときにだけ、
おりものシートをつけていると言っていましたがそれはおすすめできません。

おりものにはタンパク質が含まれていて、
雑菌が繁殖しやすいので臭いのもとになったり肌荒れの原因になったりまします。

なので普段からおりものシートの使用して、
こまめに交換することは陰部の清潔を保つことになります。

 

普段のトイレのときもそっと拭く!

 

トイレで用を足したとき、どう拭いていますか?

ついついゴシゴシ拭いてしまいがちですが、やっぱりそれはよくありません。

トイレットペーパーは紙ですので思っているよりも摩擦力が高いものです。

おすすめの拭き方は押さえ拭き!

もし肌荒れをしているのであれば、
ウォシュレットをゆるくして洗ったあとに押さえ拭きをするのが良いでしょう。

 

規則正しい生活を心がける

 

よく聞くフレーズにはなりますが、とても大切なことです。

それはあそこの黒ずみの原因である色素沈着は、
女性ホルモンによっても色素沈着がすすむのです。

女性ホルモンは簡単にバランスが崩れますし、不摂生はその崩れの元になります。

なのでいつも心がけることは必要なのです。

また体からの分泌物は普段食べているものから生成されているので、
食べるものも大変重要
ですよね。

脂っこいものばかりや、肉の多い食事ばかりでビタミンが不足しないようにしましょう。

 

彼処(あそこ)専用石鹸使用時の注意点!

石鹸

 

どんなにいいケア商品を使っても、
基本的な使用の注意点が守れていないと逆効果なんてことがあります。

本末転倒なことにならないように、ちょっとした注意ポイントを説明します。

 

洗うときは優しくが基本!

 

普段彼処(あそこ)はなにで洗っていますか?

手?それとも体を洗うものと同じもので洗っていますか?

洗い方が乱暴だと、アソコの摩擦で黒ずみの原因や肌荒れの原因を作ってしまいます。

陰部は粘膜なので、しっかり泡をたてて泡で洗うことを基本としてください。

ゴシゴシこすることは摩擦を生み出す原因になります。

粘膜は非常に敏感で、刺激に弱いですので優しくが基本です。

ちょっとした爪でひっかいたりしたらもうそれは傷をつくることになります。

また泡で洗うことで、余分な汚れだけを落とすことができるのでお肌に優しいのです。

100均などでも泡ネットが売っているので、使ってみるのも手段の1つですし、

洗う時は指のはらの部分で洗い、
爪をたてないようにするのがポイントです!

 

しっかり流す!

 

アソコは敏感で繊細といいましたが、
せっかく泡で洗ってもその洗い流しが不十分だとかぶれたりします。

かぶれると痛いですし、
なにより陰部にすごく悪いので流すときはきちんと洗い流しましょう。

また、石鹸カスが臭いのもととなる可能性もでてきちゃいます。

もちろん流すときもゴシゴシは禁物!

あくまでも優しく洗い流してくださいね。

また、膣内までは泡をいれないようにしましょう。
膣内まで泡をいれて洗ってしまうと膣内のPHのバランスが崩れてしまい、
常在菌が減ってしまうこともあります。
常在菌が減ると彼処(あそこ)を守ってくれている良い菌が減り、
雑菌が増加しにおいや肌荒れの原因になります。

 

頻回に洗いすぎない事!

 

「キレイにしなくちゃ!」と思って1日に何回もアソコを洗うのはよくありません。

どれだけ保湿成分が含まれていても、石鹸は石鹸です。

洗いすぎは必要な皮脂までを落としてしまいます。

なので、健康な陰部であれば1日1回で充分。

過度にやりすぎることはなにごともよくありませんので、適度を心がけるといいですね。

また、プスチック性のタオルなどでこすると彼処(あそこ)の
皮膚を傷つけてしまう他にも摩擦や刺激の原因により
黒ずみを増やすことになるので、要注意!

石鹸は使ったら乾いた環境に置いておく

 

石鹸は濡れたままだと溶けやすく、雑菌が繁殖する原因にもなります。
石鹸を使用した後はできるだけ乾いた環境で保存すことをおすすめします。

これは少し面倒に感じるかもしれませんが、一つの手間を惜しまずにやることはとても大事なことです!

雑菌を繁殖させないように実践してみてくださいね。

 

Be Herself

石鹸

Herself(ハーセルフ)で紹介する彼処(あそこ)用石鹸まとめ。

  1. 普通の石鹸やソープとあそこ専用石鹸はpHからなにまでも違った!美容保湿成分が陰部にも効果あり!
  2. 使ったら臭いもっ気にならなくなったし、ムズムズも改善!陰部の色のトーンも上がる!
  3. 規則正しい生活は美への近道!陰部に優しい下着を心がけて、ゴシゴシは禁物。
  4. 優しく、しっかり洗い流す!これが基本!

 

いかがでしたでしょうか?

彼処(あそこ)専用の石鹸やソープが多く出回っていて、効果もこんなにあるんです!

使ってみたことがない人も、
使っているけど洗い方や普段の注意ポイントで悩みが改善したり解決できると嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ジャムウ