ラブグッズ

電マでいけない…使い方が正しくないだけかも?

 

電マ(電動マッサージ)を使ってオナニーする人で、
どうしても電マでいけない…という人はいませんか。

電マは振動の強さが調節でき、強くするととてつもない刺激が味わえる反面、
刺激が強すぎても女の子はイケない時があります。

また強い刺激に慣れすぎると、思わぬ悪影響を及ぼすこともあるようです。

オナニーは女の子にとって女性ホルモンの分泌を助けてくれるなどメリットも多い反面、
正しいやり方でする必要があります。

女の子が本当に電マオナニーでいけるコツ
電マオナニーで気をつけることをまとめました。

 

不感症かも?気持ちよさを感じない…。

椅子にもたれかかる女性

電マを使ってみても気持ちよさを感じない、という人は多いようです。

刺激の強い電マを使っているのに、気持ち良くないなんて、
もしかして不感症なのかも…と悩んでいる人もいるはずです。

ですが、自分が本当に気持ちよくなる事ができる電マ
オナニーのやり方をやっていないだけかもしれません。

この記事を参考にして気持ち良い電マでのオナニーをしましょう!

 

いけなくなった理由はオナニーのやりすぎ?

何かで感じている女性

電マでオナニーをやりすぎて、いけなくなった…という人もいるかもしれません。

電マやローターなどは刺激が強いので快感を得られるのが簡単になります。

なかなかいけなかったのがいけるようになった、
という反面それに慣れすぎると実際のエッチや男性のモノでは物足りない…

なんて事も。

実際に、オナニーではいけるけどセックスではいけないという女の子がいるのは事実。

それでは本末転倒ですよね。

 

オナニーのやりすぎはいけなくなるの?

 

電マオナニーのやりすぎでいけない体になるという人もいますが、それは間違いです。

確かに、電マオナニーばかりしていて実際のセックスの回数が減ると
本番のセックスでいきにくくなるというのはあります。

それは、同じやり方でばかりオナニーしていると起こりうることで、
女の子の体がいくパターンをステレオタイプに覚えてしまうから。

電マに限らず、指でやる時も同様です。

要は癖ができてしまう状態です。

不感症になってしまったわけではないので、
しばらくオナニーをお休みすればまたいけるようになります。

ただし、電マの刺激は実際のセックスとは全く違う刺激で快感を得られます。

それを続けていると、実際のセックスでの指や舌での
刺激では感じにくくなってしまうので気をつけなければいけません。

もしそうなってしまっている人がいたら、
しばらく電マでのオナニーをおやすみすれば大丈夫ですので安心してください。

 

電マを使ったオナニーで気をつけることは?

 

普段のセックスでは受けない刺激の強さでオナニーでいくことが癖になると、
普段のセックスでいけなくなってしまいます。

ですから、できれば色んなパターンでオナニーをするようにしてみましょう。

指でやったり、電マやローターを使ってみたりする事で
色んな方法でいけるようになると、感度がどんどん良くなっていきます。

実際のオナニーでは、正常位だったり騎乗位だったり、
四つん這いだったり…と色々な姿勢になりますよね。

ですから電マも当てる角度を変えたり体位を変えてみたりして、
ワンパターンなオナニーにならないように心がけて!

オナニーもするけど、セックスもいっぱいしている!
という人にはあまり悪影響はないようですが…

いずれにしても、オナニーでは、電マやローターを
使うのはあまり頻繁にしない方が良いのは事実と言えるでしょう。

 

いけるための正しい電マの使い方とは?

寝転びながらこちらを見る女性

 

電マでいけないなんて、私はもしかして不感症なのでは!?
などと悩んでいる人もいるかも…

でも安心してください。
電マもあそこに刺激を与えるだけではなく、様々な使い方があります。
焦らずに試してみましょう。

 

いきなり刺激が強すぎるのはNG!

 

電マはとっても刺激が強いので、
気分が高まるまではショーツの上から弱い振動で使います。

敏感な部分をすぐに直接触るのはやめましょう。
女の子のあそこは本当にデリケート!

濡れないうちに強い刺激を与えるのは良くありません。

徐々に気持ち良くなっていくようにします。

気分が盛り上がるまでは、電マを使って胸や乳首を刺激してみて。

特に乳首を電マで刺激するとそれでけでもいける!という人もいます。

 

電マでいくコツ

 

感度を高めて気持ちが良くなってきたら、
そのままショーツの上から徐々に電マの振動を強くしていきます。

気持ちがノッてくると、直接触りたくなってくるはずです。

その頃にはきっとあそこも濡れてきて感じる準備ができている状態。

ゆっくりと電マをあそこに近づけて振動を与えてみてください。

その時も、いちばん敏感な部分の周りから徐々に攻めていくようにして!

いちばん敏感な部分にいきなり刺激を与えすぎないようにしましょう。

振動も、弱いまま長くやっているといけるという人もいます。

逆に強い刺激の方がいけるという人もいます。

それぞれ自分にあった電マのオナニー方法を見つけましょう!

慣れてくると、電マでのオナニーがやめられない!というほどの気持ちよさが味わえます。

 

まずは感度を高めていける体作りを。

ベッドに寝転ぶ女性

 

大切なのは、感度を高めていける体を作っていくこと。

オナニーで性感帯が開発されると、実際のセックスでも感じやすく、いきやすくなります。

電マで最高の快感を得られるコツをマスターしましょう!

 

感度を高める為に必要なこと

 

女の子の体はいきなりの強い刺激ではいきにくいものなのです。

電マのオナニーでいくことが難しい場合は、
焦らずゆっくり体が気持ちよくなることを考えて。

お部屋のムードを作ったり、大好きな彼とのセックスを想像したり。

エッチな気分に浸るところから始めましょう。

特にエッチな妄想は女の子の感度を高めてくれます。

 

あそこ以外にも電マで気持ちよくなるところがある!

 

電マであそこを刺激する前に胸や乳首を刺激することで気分を盛り上げるのも良い方法!

胸や乳首だけでなく、電マの弱い振動で内腿や首、
お尻、背中をゆっくりと刺激するのもおすすめ。

彼に優しく撫でられているような刺激が感度を高めてくれるはず。

思わず声が出てしまうのも止めないで。

エッチな気分を高めてどんどん感度を上げていきます。

 

慣れてきたら…

 

慣れてきたら、少し冒険してみても。

始めから直接あそこに電マを使ったり、最初から強い刺激を与えたりしてみましょう。

感度が高まる体が作れると、
自分の手でのオナニーでは決してできない気持ちよさが味わえるようになります

そうして普段のセックスでは味わえない快感を味わうことで、体が快感に慣れてきます。

体が快感になれることで普段のセックスでより感じやすく、いけるようになるのです。

 

女性が電マを使うのは変なことじゃない!

横たわる女性

 

女性が電マを使うのはちっとも変なことじゃありません。

最近では女性がオナニーするのは当たり前の風潮です。

簡単に快感が得られる電マやローターを使っている女の子も多いですよ。

 

電マを使うことのメリット

 


電マやローターなどのグッズを使うと、
指でオナニーするよりも違う刺激でいけるようになります。

違う刺激でいける事でいきやすい体作りができ、実際のセックスでいきやすくなります!
良いことだらけですよね。

実際のセックスでいきにくい、という人も新しい快感を体が覚えることで、
より感じやすく、いきやすい体になっていくというわけです。

女の子は自身の性感帯やオーガズムについて未だ未開拓の人も多いですよね。

ですから、性感帯を開拓することによって満足するセックスを楽しめるようになります!

 

オナニーする女の子を男性はどう思っているの?

 

意外にも、男性も彼女にオナニーして欲しいと思っている人が多いのです。

セックスでは奔放に解放してほしい!というのが男心。

電マでのオナニーでいける体づくりをして、実際のセックスでいくようになると、
きっと彼氏も喜んでくれるはず!

自分とのセックスで思いっきりいける女の子を、男性は離したくないと思うはず。

 

Be Herself

裸の女性

Herself(ハーセルフ)で紹介する電マの記事のまとめ

  1. 電マを使ってもいけない…という人は焦らずに優しい刺激から始めてみましょう
  2. 電マでは普段味わえないような快感を味わえます。

どうせなら電マオナニーで思い切りリラックスして、
日頃のストレスを解消させてみるのも良いと思います!

しかし、何事もやりすぎは良くないこともあります。

電マでのオナニーに慣れすぎてしまうと、
通常のセックスでの快楽が得られなくなることがあります。

何回ならいいのか?というのは個人差がありますが、
電マやローターなど強い刺激を与えるものは使いすぎない程度に楽しみましょう。

また、指でする場合も同様ですが、電マの衛生管理には気をつけましょうね。

衛生管理が悪いと膣炎などの炎症を起こしてしまうこともあります。

衛生状態には十分に気を付けましょう
最後まで読んでいただきありがとうございます。