あそこ

すきバサミのアンダーヘア処理は最悪の結果に!?検証結果を公開!

女性の下半身

 

あなたはアンダーヘアの自己処理をすきバサミでしたことがありますか?

私も、アンダーヘアを自分で処理していた時は剃ったり、抜いたり、切ったりしてみましたが、どんな方法を使ってもチクチク感が凄かったです!

だけどせっかく可愛い下着を買ってもアンダーヘアがはみ出していたら可愛くないです。

水着を着る時にもアンダーヘアが気になりますよね(^^;)

はみ毛だけは絶対に避けたいですよね!!

今回Herselfではすきバサミでのアンダーヘアの処理についてお話ししていきます!

人には恥ずかしくて聞けないお悩み、解決できる助けになれたら嬉しいです♡

 

すきバサミはどんなことで使える?

女性用の水着

 

すきバサミは髪の毛をセルフカットする時にとても便利ですよね♪

適当に切っても失敗が少ないので、学生時代はお世話になってました(^^)

そのすきバサミで実はアンダーヘアのカットが出来ます。

ハサミと違って一気に切れてしまうことがなく、段になったりする失敗のリスクが少ないです。

それと、他にも良い使い方があるのでご紹介しますね♪

 

①アンダーヘア(陰毛)を薄くする機能!

 

すきバサミはアンダーヘアを薄くするのにとっても便利です。

特に、量が多くて悩んでいる人におすすめの品です。

適当にカットするだけで好きなように量が減らせます。

ただ、もともと薄い人には結構薄くなっちゃうのでおすすめできないかもしれません…。

それから、やっぱりハサミで切るのと似たような感じになるのでチクチク感は多少残ってしまいます。

 

②眉毛にも使えちゃう!

 

すきバサミは眉毛にも使えます。

眉毛が濃くて悩んでいる人は、適当に眉に当ててカットするといい感じの眉になりますよ(笑)

面白い眉毛になってしまわないようにしてくださいね!

 

アンダーヘアにすきバサミを使ってみた感想

女性のVIOライン

 

アンダーヘア専用のすきバサミというものを試してみました!

アンダーヘア用のすきバサミは、毛をとくように使うことで毛の量を減らしたり、長さを短くできる道具です。

ハサミでカットするとどうしてもチクチクしがちなアンダーヘアですが、このすきバサミは毛先をスッと細くしてくれるので、ごわつきやチクチクを減らしてくれるというものです。

実際に使ってみたレビューなので参考にしてみてください(^^)

 

①ラブジョリー

 

ラブジョリーはコーム型の本体で陰毛をとくように使用することで毛の長さを短くできるアンダーヘア処理グッズです。

普通にハサミで切るよりも毛先がスッと細くなるためチクチクしづらいとのこと。

ドラッグストアでよく見かけますね。

レビューを見ているとチクチクしない!という意見が多かったですが、一部あまり効果がないというレビューも(;_;)

私も使ってみたところ、確かにハサミで切ってしまうよりはマシかなという程度でした。

やっぱり、多少触った時のチクチク感は残ってしまいます。

あと、勢い余って短くしすぎると余計にチクチクが目立つような印象でした!

 

②アンダーヘア用スキカッター

 

こちらのアンダーヘア用スキカッターはカミソリにクシが合体したような形になっています。

直接肌に刃が当たらないようになっているので、安心ではあります。

ですが、使用後のヘアは普通にチクチクしました。

正直普通にハサミで切るのとそんなに変わらない気がしました。

 

結果:チクチク感が残ってしまう…。

 

以上のふたつを試してみた結果ですが、残念ながらやっぱりチクチク感は残ってしまいました。

これだと、普通のハサミや眉用のハサミなどで切っても同じような感じの仕上がりになってしまいますね。

チクチク感をどうにかできる道具はないのでしょうか!?

これも調べてみました(^^)

 

すきバサミで起きたチクチク、かゆみを改善するには?

女性のアンダーヘア

 

すきバサミで切ったヘアのチクチクの原因は毛先にあります。

どうしても毛先が角ばってしまいますし、短くなる分ヘアの剛毛さの威力が増す気がします(^^;)

私は以前にネットで「線香でアンダーヘアを焼くとチクチクしない」という情報を見かけて試したことがあります!

ですが、匂いがすごすぎて家族が大騒ぎになりました!(笑)

(線香で焼くのはおすすめしません。)

そこで便利なのが、ヒートカッターというものです。

 

ヒートカッター先端を丸くしてチクチク解消

 

アンダーヘアをカットしたい時に一番おすすめなのは、
ヒートカッターを使用することです。

アンダーヘア専用の、熱で毛を焼き切ってくれるアイテムが存在します。

熱で焼き切ると、アンダーヘアの毛先が丸くなるのであまりチクチクしないのです。

自分で毛量を減らしたいならば、これがおすすめです。↓

 

おすすめはlcコスメ vライントリマー

 

LCコスメさんは信頼できるラブグッズでおなじみの専門店ですが、Vライントリマーも人気の商品!

熱でアンダーヘアを焼ききるので、全然チクチクしないし、自然に毛量を減らすことができます。

アンダーヘアの多さや長さが気になっている人には自信を持っておすすめできる商品です。

使い方のコツは、一気に減らそうとせず、毛をほんの数本ずつ持って当てるように切ることです。

そうすることで焼き切る時の匂いも抑えられますし、
短くカットしすぎるなどの失敗も少なくなります。

すきバサミと比べると正直値段は高いですが、
定期的に使うことも考えると買って損はない商品です。

また、Vラインの毛質対策だけでなく、lcコスメでは
においも一緒に対策でき、アンダーゾーンを徹底ケアできるお得なセットもあるので、一気にアンダーヘアケアを済ませたい方には必見です!

 

ジャムウハーバルソープ&LCオリジナルVライントリマーセット

LCコスメ公式ページはこちら!

 

保湿、乾燥対策でかゆみも予防

 

あそこ周辺の皮膚の乾燥も痒みの原因になってしまうことがあります。

あそこに限らず、肌ならどこでもそうですが、乾燥は痒みを引き起こします。

アンダーヘアのケアをした後はもちろん、普段のお風呂上がりなどにローションなどで保湿しておくと、より痒みが起きにくくなりますよ(^^)

 

アンダーヘアにすきバサミを使う時の注意点!

下着姿の女性

 

アンダーヘアにすきバサミを使う時に気をつけてほしいことをまとめました。

使用するのは、出来るだけ刃先が丸くなっているような眉用のハサミなどを使うと、皮膚を傷つけにくく比較的安全だと思います。

ただヘアを切るだけ、と侮ってカットしてしまうと、
あとでチクチクしたり、肌荒れの原因になってしまうかもしれません。

一度起きたチクチク感はかなりの期間持続するので本当に気をつけてほしいです(><)

 

アンダーヘアの毛を切りすぎない

 

髪の毛もバリカンなどで短く剃るとチクチクしますよね。

あれと同じで、アンダーヘアを短くすればするほどチクチク感を感じやすくなってしまいます。

アンダーヘアにすきバサミを使う時は短く切りすぎないように気をつけてくださいね。

一気に切ろうとせず。ヘアを少量ずつとって慎重に切り進めてください。

この時、刃であそこを傷つけないように気をつけてくださいね。

 

清潔なはさみでカットする

 

アンダーヘアを切る時に使用するすきバサミは出来るだけアルコールなどで消毒してから使うと良いでしょう。

あそこは非常に神聖な場所です(笑)

ちょっとの菌が痒みの原因になってしまうことがあります。

できれば、専用のすきバサミかvライントリマーを買うようにした方が良いでしょう。

 

肌荒れ、チクチク、かゆみを覚悟する

 

アンダーヘアを自己処理すると、
みんな口を揃えて言うのが「チクチクする」「かゆい」です。

なのでどんなに気をつけていても、自己処理する時はどうしても肌荒れやチクチク、
痒みがつきものになってしまいます(;_;)

できれば専門のエステやクリニックで脱毛するのが望ましいですが、できない場合はしっかり保湿したり、刃物は清潔なものを使うなど細心の注意を払ってくださいね。

 

Be Herself

水着の女性

 

Herself(ハーセルフ)におけるアンダーヘアのすきバサミでの処理まとめ。

 

  1. アンダーヘアを梳く時に一番おすすめなのはVライントリマー。高いけどその価値はあり。
  2. アンダーヘアにすきバサミを使う時は保湿も忘れないようにして。
  3. アンダーヘアを自己処理する時は、清潔なすきバサミを使って、あそこにあまり刺激を与えないようにカットしましょう。
  4. できるならエステやクリニックでの脱毛ががおすすめです(^^)

 

アンダーヘアのすきバサミでの処理について、色々見てきましたがいかがでしたか?

自分で梳いていくとどうしてもチクチクしてしまいます。

できるなら、肌荒れしにくい永久脱毛がおすすめです。

もしどうしても自己処理する時はなるべく皮膚に刺激を与えず、終わったら保湿もしっかりしてくださいね。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました♡