あそこ

Vライン自己処理方法!長さや形の整え方、チクチク対策法

VIOラインを隠す女性

 

みなさんVラインの毛を処理するときはどんな方法で処理しますか?

脱毛サロンに行き処理してもらう人もいれば、自己処理をする人もいるでしょう。

ただし、自己処理をするときは注意しなくてはいけないことがたくさんあります。

正しい自己処理方法を知っている方は少ないもの。

間違ったやり方をするとVラインだけではなく、
肌や皮膚を傷つけてしまう危険性もあります。

自己処理するときは正しい方法でお手入れしていかなくてはいけません!

 

今回Herselfでは、Vラインの自己処理方法をご紹介します!

最後まで読んでいただき、素敵なVラインに仕上げてみませんか?

 

目次

Vラインの自己処理方法がわかりにくい…

石鹸

 

ほかの人のVラインをじっくり観察する機会というのは、温泉か銭湯ぐらいですよね。

ましてやジロジロ見るわけにもいかない(笑)

でも正直、一般的な形やみんながどうやって処理をしているのか気になります。

私がこないだ銭湯に行って、遠巻きで見ていると星型のアンダーヘアの持ち主がいました。

かといってそれが主流かと言われると、どうもそうではなさそうです。

多めな人もいれば、少な目の人もいましたし、ハイジニーナの人だっています。

そして1番重要なのは、男性ウケが悪い形にはしたくないですよね。

そういったところで、Vラインの形に悩む人は多くいます。

また下の毛の処理方法だって同様で、
みんなはどうやって処理しているのか知りたいけど聞けない。

自分でやってみたけど、チクチクしてすっごい不快な思いを我慢している。

なかなかおまたの話は、女子同士でもできません。

どんなものを使ってるのか、
下の毛のお手入れ方法ってどうするのか気になっている人は多い
です。

 

vラインの正しい自己処理方法とは?

水着姿の女性

 

Vラインを自己処理しようとするのならば
正しい方法を身につけておかなくてはいけません。

Vラインの正しい自己処理方法を具体的に見ていきましょう!

 

処理は電気シェーバーがおすすめ!

 

Vラインを自己処理するのならば
カミソリよりも電気シェーバーがおすすめです。

肌に負担が一番少ない自己処理方法がシェーバーになりますから
マイシェーバーを持っている女性も少なくありません。

 

正しい手順を知る

 

Vラインを自己処理するときは、手順を勉強しましょう。

デリケートな部分ですから清潔に保ちたいもの。

間違った手順だと血が出たりすることで感染症の心配も出てきます。

一度正しい手順を身につけておけばあなたも自己処理マスターになれます!

 

準備をしっかりする

 

自己処理する前にどんなものが必要なのか、
場所の準備や持ち物の準備をしっかり行いましょう。

準備が整っていないと自己処理をはじめてから焦ることになり
デリケートゾーンを傷つける心配があります。

すべての準備が整った状態ではじめていきましょう!

 

Vラインをパーツごとに分けると?

女性の下半身

 

Vラインは大きく4つのパーツに分類することができます。

正しい名称をご紹介します!

 

Vラインを正面から見た上の部分

 

Vラインを正面から見た上の部分をVライン上部と呼びます。

トライアングル上と呼ぶ人もいます。

 

Vラインを正面から見た下の部分

 

Vラインを正面から見た下の部分をVライン下部と呼びます。

トライアングル下と呼ぶ人もいます。

 

Vラインを正面から見た両サイド

 

Vラインを正面から見た両サイドの部分をVラインサイドと呼びます。

ビキニラインと呼ぶ人もいます。

 

形を整える自己処理の時に用意する5つ

Vラインを整える道具

 

Vラインの形を整えるときは5つのものを用意してもらいたいです!

形を整える自己処理のときに用意するものをご紹介します。

 

電動シェーバー

 

電動シェーバーは自己処理には欠かせないもの。

自分が使いやすいもので構いませんが、デリケートな部分に使用するため
シェーバー先が清潔であることを確認しましょう。

 

Vライントリマー

ジャムウハーバルソープ&LCオリジナルVライントリマーセット

Vライントリマーも欠かせないもののひとつ。

Vライントリマーはヒットカッターでチクチク感がないため
下着越しのイヤな違和感を感じさせることがありません。

毛先が丸く仕上がるのでハサミでのお手入れよりも
柔らかな仕上がりになります。

Herselfがおすすめしているラブコスメさんのvライントリマーは今ならあそこの黒ずみや臭いができるジャムウハーバルソープとセットでお得に購入可能なので、夏本番の今、素敵なあなたの体つくりの一つとしてみてはいかがでしょうか?

Vライントリマー・ジャムウ石鹸

 

蒸しタオル

 

蒸しタオルは毛を柔らかくするために必要になります。

フェイスタオルを濡らしてレンジでチンすると簡単に出来上がります。

 

保湿できるクリーム

 

仕上げに忘れてはいけないのは保湿できるクリームです。

ムダ毛を処理したあとは、デリケートゾーンが乾燥しがち。

乾燥対策だけではなく、仕上がりを良くするためにも
保湿クリームは欠かせません。

 

 

お風呂で処理する方もいるかもしれませんが
部屋で処理するときは形を整えるためにを準備しましょう。

用意して剃り方をチェックしながら
セルフケアを行いましょう!

 

Vラインの形を整える!どんな形がある?

白い下着姿の女性
Vラインに形があるのを知っていますか?

今はお洒落な形までたくさん出てきています。

どんな形があるのか、詳しく見ていきましょう!

 

卵型

 

まずは卵型です。

卵型は卵のように丸みを帯びた形になります。

可愛らしいデザインになります。

 

小さい卵型

 

小さい卵型は、卵型よりも少し範囲を小さくしたものです。

できるだけ毛の範囲を少なくしたい方におすすめです。

 

逆三角形

 

逆三角形は現在の形よりも少し毛を少なくした逆三角形です。

ある程度毛は残したいという方におすすめの形です。

 

小さい逆三角形

 

小さい逆三角形は現在の毛の量を大幅に減らした形です。

毛は残したいけど違和感は出したくないという方におすすめです。

 

I型

 

I型は英語のIの縦長に毛を揃えた形になります。

お洒落なデザインが好きな方におすすめです。

 

ハート形

 

ハート形はそのままの形でハート型になります。

個人差をつけたい方におすすめです!

 

Vラインの形を整える際の7つの正しい手順

肌のケアをしている女性

 

Vラインを整える際は形に注意しなくてはいけませんが
そのためには正しい手順を踏まなくてはいけません。

どんな手順なのか、詳しく見ていきましょう!

 

①綺麗なデリケートゾーンにする

 

デリケートゾーンは敏感な場所ですから
お風呂に入って綺麗にしましょう。

汚い状態で剃るのは止めましょう。

 

②処理する場所を確認する

 

どこの毛をどんな風に処理するのか場所を確認します。

どこまで処理するのかしっかり計画を立ててから前処理を行うことが大切です。

 

③毛を3ミリくらいに切る

 

準備が整ったら毛を3ミリくらいに切っていきます。

剛毛な人は5ミリくらいでも大丈夫です。

 

④蒸しタオルで温める

 

毛が薄くなったら蒸しタオルで温めていきます。

あまり熱いと皮膚がやけどするので気をつけましょう。

 

⑤シェーバーを使う

 

毛の流れに沿ってシェーバーを使っていきます。

やり方はシェーバーの使い方が書いてあるので
しっかり説明書を見ておきましょう。

トラブルを防ぐためにもできるだけ毛流れに沿って除毛しましょう。

前項でもお話ししましたが、毛量が多い場合は先にハサミで短く切ってから行なうと、
毛流れに沿って除毛しやすくなりますよ!

もし見えにくいなら、鏡などを使ってみるのもおすすめです。

毛が湿った状態であれば流れ方も分かりやすいと思います。

 

⑥濡れタオルで冷やす

 

毛の処理が終わったら濡れタオルで冷やしていきます。

温まっている患部を冷やすことで
肌の炎症を予防することができます。

 

⑦保湿クリームを塗る

 

最後はしっかり保湿クリームを塗ります。

脱毛のときに脱毛リームを塗ったから保湿はしなくていいという方がいますが
保湿することもセルフ処理には欠かせませんよ!

また、保湿クリームは一度だけではなく
継続的に塗ることをおすすめします。

 

Vラインを自分で処理するメリット5選

女性の下半身

 

Vラインを自分で処理するのはメリットがあるからです。

どんなメリットがあるのか、具体的に見ていきましょう!

 

①お金がかからない

 

自宅などで処理することによってお金がかからないということは嬉しいですよね!

脱毛サロンに通うことになればお金は必ずかかりますし
その金額も決して安いわけではありません。

脱毛にお金を掛けられないという女性には自己処理はメリットです。

 

②脱毛サロンなどでデリケートゾーンを見せなくて済む

 

脱毛サロンに行くと足をM字開脚してデリケートゾーンをサロンスタッフに
見せなくてはいけません。

恥ずかしがり屋の女性にとってはイヤな気分になります。

自己処理にはそのモヤモヤ感がないため、恥ずかしい思いをしなくて済みます。

 

③毛が生えてくるから安心

 

毛が生えてくるのに嬉しいの?と思った方もいるかもしれませんが
夏の間だけ毛をなくしたいなどの悩みを持っている女性もいます。

毛が欲しいと思った時は処理をしなければ良いので
また毛が欲しいと思っている女性は自己処理のほうがサロンよりもいいでしょう。

 

④通わなくて良い

 

サロンに通うのってちょっぴり面倒ですよね。

仕事で忙しい女性も多いでしょうし、簡単に通うことができない人もいます。

そんな人は自己処理がおすすめで自分の好きなときや空き時間に行えるので
サロンに通わなくていいのは嬉しいことです。

その分自分の時間を大切にすることができます。

 

⑤すぐに効果を実感できる

 

自己処理はすぐに効果を実感することができます。

脱毛サロンに通うとなかなか効果が出なかったり
効果が出るまでに時間がかかります。

しかし自己処理はその場で効果を実感できるので
感動することもありますよ!

 

Vラインを自己処理するデメリット、脱毛サロンのメリット5選

Vラインを整える道具

 

Vラインを自己処理するのはデメリットもあります。

また脱毛サロンのメリットもありますから詳しく見ていきましょう!

 

①黒ずみが発生する

 

Vラインを自己処理することでサロンのように
専用ジェルなどを使用することができないため
刃先によって黒ずみが発生してしまうことがあります。

黒ずみは一度発生すると消しにくくなります。

黒ずみで悩んでいる女性もいるくらいなので不安な方は
サロンなどに任せた方がいいでしょう。

 

②埋もれ毛などが発生しやすくなる

 

自己処理を繰り返すと埋もれ毛などの毛が発生しやすくなります。

脱毛サロンの専用機器は埋もれ毛などにも対応していますが
自己処理ではなかなかそこまで処理することはできません。

綺麗なデリケートゾーンに仕上げたい人は
自己処理は向いていないでしょう。

 

③デリケートゾーンの悩みから解放される

 

デリケートゾーンの悩みがたくさんある女性にとって
脱毛サロンで毛の処理をすることで
悩みから解放されるという嬉しいメリットが!

女性はデリケートゾーンの悩みを多く抱えています。

もしあなたも悩みがあるのならば脱毛サロンで毛の処理をするといいでしょう。

 

④生理がラクになる

 

脱毛サロンで脱毛すると生理がとてもラクになります。

生理のときの血が付くことでムレることもなくなりますし、
ハッピーな気分で生理を迎えることができます。

 

⑤イヤなニオイがしなくなる

 

デリケートゾーンのニオイに悩む女性は多いもの。

パートナーとの関係にも影響を及ぼすデリケートゾーンのニオイですが
脱毛することによってニオイが改善する傾向にあります。

脱毛サロンに通う前に確かめたいと思うならば
生理前に一度自己処理してニオイがしないか確認してみるといいでしょう。

 

電気シェーバー、サロン以外の処理方法はNG?

Vラインを整える道具

 

電気シェーバーやサロン以外での処理は
NGだという話を耳にしたことがあるかもしれません。

様々な方法でのメリットとデメリットを詳しく見ていきましょう!

 

カミソリでの処理メリット・デメリット

 

カミソリでのメリットとデメリットはどんなことでしょうか?

 

メリット

 

カミソリでのメリットは使いやすいということです。

持ちやすく、普段からデリケートゾーン以外の場所を
カミソリで処理している場合は
簡単に処理することができるでしょう。

 

デメリット

 

デメリットは危険が伴うということです。

カミソリの刃は剥きだし状態なので
デリケートゾーンを傷つける危険性は大きいでしょう。

粘膜ギリギリまで処理したいという人にはおすすめはできません。

 

毛抜きでの処理メリット・デメリット

 

毛抜きでのメリットとデメリットはどんなことでしょうか?

 

メリット

 

毛抜きでのメリットは綺麗に仕上がるということです。

毛を抜くことですぐに効果を実感できますし、
毛の黒い部分が抜けるのでブツブツもなくなります。

 

デメリット

 

脱毛することができなくなることはデメリットになります。

脱毛サロンに行くと毛抜きは禁止されます。

効果が出なくなるため脱毛を受け入れてもらえない可能性もあります。

また痛みを感じたり、抜いてしまうと毛が濃くなってしまうこともあります。

生えてきたときのことを考えると毛抜きはおすすめできません。

 

除毛クリーム

 

除毛クリームでのメリットとデメリットはどんなことでしょうか?

 

メリット

 

除毛クリームはすべすべになるということです。

綺麗に仕上がる成分が配合されていて
気持ちいい肌触りの肌に仕上がります。

 

デメリット

 

肌に合わない可能性があることはデメリットになります。

成分が肌に合わないと炎症を起こす可能性があります。

自分に合うものなのかしっかり見極めなくてはいけません。

 

ブラジリアンワックス

 

ブラジリアンワックスでのメリットとデメリットはどんなことでしょうか?

 

メリット

 

メリットは効果が分かりやすいということです。

また簡単に行うことができるので誰でも挑戦しやすくなります。

 

デメリット

 

痛みがあるということです。

かなり痛みがありますし、肌が赤くなったりするのは
当たり前だと思って良いでしょう。

 

Vラインの長さを整える方法は?

ジャムウハーバルソープ&LCオリジナルVライントリマーセット

 

Vラインの長さを整えるためにはVライントリマーを用意してください。

これがないと自己処理を上手に進めていけません!

 

Vラインの長さを整える手順

 

全体の長さを自分の好みに合わせてカットするだけです!

Vライントリマーはハサミなどを使用せずに、熱で毛を焼いていくので
長さをカットする際は

ゆっくりVライントリマーを使って長さを好きな長さに整えていきましょう!

手が滑らないようにゆっくりやるのがポイントです!
また、長さは上の方が少し短めにし、下の部分は少し長めにすると綺麗に見えやすいです!

もちろんお好みで調整してみてくださいね。

 

脱毛前のシェービング方法は?

女性

 

脱毛前にシェービングしておくのも大切な工程。

どんな工程があるのか、具体的に見ていきましょう!

 

用意するもの、Vラインの全剃りをする手順

 

まずは準備が大切ですよ!

用意するのものは4つ!

また、Vラインの全剃りをするのにもしっかり手順が大事なので
全剃りをする手順を具体的に見ていきましょう!

 

①Vライントリマーで長さを短く

 

Vライントリマーは自己処理には欠かせない準備物。

毛先を綺麗に整えてくれるものですが、今回は全剃りなので

トリマーを使って綺麗さはあまり気にせず剃るのが簡単に
なりやすいように長さ調整をしていきましょう!

②蒸しタオルで毛、肌を柔らかく

 

蒸しタオルは毛を柔らかくしてくれる魔法のタオル。

肌に当てて少し暖かいと感じるくらいの温度が最適です。

③電動シェーバーで剃っていく

 

ゆっくり全剃りしていきます。

全剃りは大陰唇や小陰唇を傷つけやすいため
ゆっくり行っていきましょう!

シェーバの先は清潔さを保っておいてくださいね!

 

④保湿クリームで最後は保湿する

 

全剃りこそ保湿は絶対に必要。

黒ずみにならないためにも綺麗なVラインに仕上げるためにも
忘れてはいけません!
保湿オイルが配合されているものだとより一層毛質が柔らかくなります。

 

Vラインの自己処理はタイミングも大切!

肌を保湿している女性

 

Vラインを自己処理するときはタイミングがとても大切です。

どんなタイミングが良いのか、詳しく見ていきましょう!

 

①水着を着る2日前

 

タイミングとして水着を着る2日前がベスト。

1日前だと海に入ったり、プールに入ったときに
自己処理した部分が痛みを感じる可能性があります。

あまり早くても水着から毛がチクチク出てくるので
2日前がピッタリでしょう。

 

②生理予定日の直前

 

デリケートゾーンの毛がいらないと感じるのは生理のときが多いのではないでしょうか?

そんな女性は生理予定日の直前に処理しておきましょう。

快適な整理期間中を過ごせるはずです!

 

③パートナーとのイチャイチャ前

 

Vラインの自己処理タイミングはパートナーとイチャイチャするタイミングにもピッタリ。

エッチのときに男性の悩みとしてデリケートゾーンのニオイがあげられていますから
しっかり処理しておけば心配する必要はありません。

デート前日がちょうどよく、あまり前過ぎると毛が刺さって痛かったり
チクチクして違和感があることがあります。

パートナーに満足してもらうためにも日付を把握して
処理していきましょう!

 

自己処理の後の注意点!

保湿オイル

 

自己処理を行ったらそのあとが大切です。

どんな注意点があるのか、詳しく見ていきましょう!

 

①お風呂に入るときは要注意

 

自己処理を行ってからお風呂に入るときは
シャワーの温度やお風呂の温度はぬるくしましょう。

熱いと肌が刺激を受けてしまいます。

 

②乾燥させない

 

自己処理後、乾燥は大敵です!

乾燥はかゆみを引き起こす原因だと言われています。

デリケートゾーンがかゆいともどかしい気持ちになるので
しっかり保湿を行いましょう!

 

③お風呂で処理しない

 

自己処理をお風呂で行う人もいるかもしれませんが
お風呂は意外と汚い場所。

高温多湿な場所なので菌がうじょうじょいます。

デリケートゾーンを感染させないためにも
嫌いな場所で自己処理は行いましょう!

 

Be Herself

女性

 

Herself(ハーセルフ)が紹介するVラインの自己処理方法まとめ。

  1. vラインを自己処理するなら正しい手順を守ろう!
  2. Vライントリマーは自己処理に欠かせない。
    マイトリマーがあるとGOOD!
  3. Vラインの形は個性が出る!
    どの形にするのか決めてから自己処理をはじめよう!
  4. 自己処理は処理した後が大事!
    保湿は必ず行いましょう。

今回Herselfでは、Vラインの自己処理方法をご紹介させていただきました!

自己処理はいつでもどこでもできて簡単だというメリットがありますが
そのぶん注意しなくてはいけないこともたくさんあります。

脱毛サロンに通うのか自己処理をするのかはみなさん次第ですが
自己処理するときはしっかり手順を踏まえて行いましょう。

綺麗なデリケートゾーンを保つためにも
Vラインを処理することは欠かせません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!